借り換えのいいところ

カードローンの借り換えは、返済負担を少なくするためにとても有効です。

  • 同じ金額を金利の低い会社に「借り換え」する → 総返済額が減る
  • 借金を1社にまとめて融資枠を大きくできる → 金利を低くし、総返済額が減る
  • カードローンの返済期間を長くできる → 毎月の返済額を減らせる

カードローンは、融資枠が大きくなればなるほど金利を低く設定してもらえるということをご存じでしょうか?

例えば50万円ずつ3社に借りるよりは、150万を1社から借りた方が金利が低くなります

金利が低くなればその分利息も減りますから、総返済額も少なくなります。だから、複数のカードローン契約でお金を借りている人は借り換えをして1社にまとめた方が返済が楽になります。

問題は、どこで借り換えをするかということですが、借り換えローンを受け付けている会社を探さなければなりません。特にネットから申し込めるものは限られます。だから、きちんとカードローンからの借り換えを受け付けている会社を選んで申し込むようにしましょう。でないと、適当に申し込んで断られての繰り返しをしてしまうといわゆる申込みブラックといって審査が通りづらくなることもあるので注意が必要です。


ここでは、「借り換え」を受け付けている中で、パソコンやスマホで申込ができて、比較的限度額が大きく、金利も低めのカードローンをご紹介します。

100万円以上の高額融資におすすめ!

カードが無くてもスマホでATMが使える

リボ払いを借り換えるとお得になるかも!
オリックス銀行カードローンは、クレジットカードのリボ払いの借り換えにオススメです。もし、いまリボ払いで100万円以上の残高があり、金利が15%が適用されている場合、オリックス銀行カードローンの100万円・150万円コースに借り換えれば、6.0%〜14.8%の金利が適用されるので、利息が軽減されるケースがあります。このように、オリックス銀行カードローンは、金利も低く、最大限度額が大きい(最高800万円)のが魅力です!
* カードローンの借り換えはできません
200*200
最短1時間融資も可能!30日間無利息サービス!
おまとめローンご希望の方は、WEBから申込後にオペレーターに相談してください。おまとめ専用なので他社借り入れがあっても気軽に相談できます。ただし、本気で債務ゼロを目指す方のみが対象です!もし他社借り入れを合算しても年収の6分の1に満たないという程度であれば、普通にWEBからフリーキャッシングを申し込み他社に一気に返済してしまうのが一番早いです。プロミスは最短1時間融資も可能なのでお急ぎでも安心です(※1)。それに30日間無利息サービス(※2)で利息負担も少しでも軽減できます。夜間土日祝日でも、WEB申込後に無人契約機や三井住友銀行のローン契約機に行けばカード受取りができその後すぐに借りられます。また、女性で申し込むのがちょっと怖いという人は、プロミスレディース がオススメです。オペレーターが全て女性です。
※1 平日の14時までにWEB契約完了が必要
※2 メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要
消費者金融の中では金利が低く限度額も高い!おまとめにも便利!
モビットにはおまとめローンという商品はありませんが、消費者金融の中では金利が低く限度額も高い(金利 3.0%~18.0%、最大限度額 800万円)のが特徴。そのため、条件によってはおまとめローンとしても便利です。また、WEB完結申込なら電話連絡や郵送物もない(※1)のでプライバシーが守られます。当日振込(※2)も可能なので急いでるときも頼りになります!まずは10秒簡易審査から!
※1 WEB完結申込の利用には三井住友銀行又は三菱東京UFJ銀行に自分名義の普通預金口座を持っていて且つ社会保険証(又は組合保険証)を持っていることが条件です。また、審査で確認が必要と判断した場合は電話連絡があります。
※2 当日振込には、14:50までの振込手続完了が必要です。ただし、審査結果によっては希望に沿えないこともあります。

アコム

融資限度額が最高800万でおまとめにも使える!
アコムは、比較的金利が低く(3.0%~18.0%)融資額も最高800万円と高め。最短1時間で融資実行(※1)なので急いでる時も便利。更に、クレジットカード一体型カードも発行できる!借りずにそのままショッピングで使える便利さ。

※1 審査完了後、運転免許証(交付を受けていない方は健康保険証等)を平日14:00までにFAX送信(FAXで契約の場合も必要書類を平日14:00までにFAX送信)しアコムがそれを確認した場合。また、借入総額により収入証明書(源泉徴収票等)が必要です。

借金の返済計画の立て方

カードローンの借り換えによる借金返済の計画の立て方は大きく2つあります。

毎月の返済額を減らす方法

毎月の借金返済の金額を減らす方法は、返済期間は長くなりますが、毎月の返済の負担を減らすことができます。この場合、金利が低くなっても返済期間が延びればその分総返済額は増えることもあるので要注意です。少しずつでも毎月の支払が滞ることがなく借金を返済することができます。

総支払額をできるだけ少なくする方法

総支払額をできるだけ少なくするには、なるばく早く完済する必要があります。その為には月の返済額を増やすという方法と、金利の低い金融機関で借り換える方法とがあります。さらにその組み合わせです(金利の低いローンに借り換え、さらに毎月の返済額も増やす)。

いずれにしても自分の収入、将来の収入をよく考えて、途中で破綻することのない方法で借金返済することが必要です。

借り換えのデメリット

借り換えによる借金返済のメリットは理解できたと思いますが、今後は逆にデメリットもあることを知っておいてください。

デメリットとは、借り換えたら総返済額が増えてしまうことがあるということです。

借り換えローンを組むときに契約手数料も必要になります。契約手数料は金融機関によって定額だったり借入額の○%といろいろです。この手数料は結構バカにならないので、手数料も足し算したら総返済額が増えてしまったということがあります。これは本末転倒です。しかし、借り換えることばかりに目が行ってしまい、手数料のことを忘れてしまう人も多いようです。お金の計算は冷静にやりましょう。

また、毎月の借金返済額を減らすために返済期間を延ばした結果、金利は下がっても総返済額が増えてしまうこともあります。しかし、これは返済計画を優先するならこれは戦略として有りです。なぜなら借金は毎月毎月遅れることなく返済していくことが重要だからです。一旦滞納しはじめると最後、自己破産にまっしぐらです。自己破産はそれだけで終わらず人生を狂わせますからできるだけ避けたいです。あくまで最終手段です。なので、総支払額は多くなっても、毎月確実に返済できる金額に落とせるのであればそれはそれで得策です。


消費者 金融 無利息 消費者金融では、はじめて借りる人等に無利息の特典が付いているものがあります。少しでも金利を少なくするために上手に活用しましょう。
借金 借り換え 借り換えローンは借金の金利を下げたり返済期間を長くして返済の負担を少しでも少なくするのに有効です。

このページの先頭へ