オススメの借り換えローンはこちら!

カードローンと収入証明書の関係

カードローンの申し込みをする際、収入証明書の提出を求められることがあります。

収入証明書とは、文字どおり本人の収入を知るための書類です。

金融機関によっては不要なこともありますが、高額の借り入れをする場合はまず必要になると思ってください。

具体例としては、以下の物が挙げられます。

「源泉徴収票」。

サラリーマンや年金生活者の場合です。

「給与明細」。

サラリーマンの場合です。

「特別徴収税額の通知書」。

利用限度額が200万円を超えている場合です。

「課税証明書」もしくは「確定申告書」。

自営業や法人の役員の場合です(サラリーマンでも必要になることもあります)。

この中で、いちばん用意しやすいのは給与明細ですが、金融機関によっては「直近2~3ヵ月分の給与明細+1年分の賞与明細」を要求してくることもあるので、源泉徴収票のほうが確実かもしれません。

では、なぜこういった物が必要になるのかというと、金融機関はビジネスとしてカードローンを提供しているので、返せる見込みがある人にしか貸せないからです。

返せるかどうかを判断するには、本人の収入を知るのが最も確実です。

また、消費者金融は「年収の3分の1以上貸してはいけない」という規制もあるため、年収を確認するという意味もあります。


このページの先頭へ